診療方針

診療方針

 動物たちは現在コンパニオンアニマルとして、私たちの日常にとってはなくてはならない存在になっています。
もし、日々の日常から彼らがいなくなったとしたら、我われの生活はどれだけ空虚で潤いのないものになるかわかりません。このもの言わぬ家族の健康を保つため当院はあらゆる努力を惜しみません。
動物は自分の病状を言ってはくれません。そのため私達は彼らの病状を知るために、充分な観察と検査が必要になってきます。
現在の獣医療の進歩はすばらしいものがありますが、それでも、色々な検査を各種組み合わせなければ診断に到達できないものが多々あります。当院では各種検査を実施いたしますが、これも正確な診断なくして最良の治療はないという当院の考えにもとづくものです。
薬はなるべく必要最低限の数で済ませ、薬同士の相互作用による薬害の危険性を減らすことが、人医、獣医の分野でも大事とされています。そのためにも正確な診断が必要になります。また、診断はなされても現在の獣医学では完治できない病気も多数あります。その様なものは御家族や動物たちにとって、どの様にするのが一番幸せなのかを相談させて頂きたいと思います。
治療費用も高度医療には考えない訳にはまいりません。当院では高度医療を実施の場合には予め費用をお見積もり致しております。治療費用に関する事や各種動物医療保険などはお気軽にスタッフに御相談下さい。

このページのトップへ